Linear 画面用どこでもウィンドウ®

“ ここから そこへの どこでもウィンドウ ”
Turn
画面用どこでもウィンドウ / 唐沢の滝

空間用どこでもウィンドウ | 画面用どこでもウィンドウ
特許第 5457668 号

 インターネットに接続された「あなたのコンピュータ」は意識の瞬間移動装置であって、「ビジョンウィンドウ®」は、そのコンピュータ画面にインストールするために開発された「どこでもウィンドウ」です。そして、それがあなたの「どこでもウィンドウ」であるためには、眺める窓映像が「あなたの両眼視野」を忠実に再生したものでなくてはなりません。ビジョンウィンドウは複数のカメラ視野角を、独自の湾曲画面と映像表示技術で「ひとつの画面」に一体化させることで、この両眼視野の再生を実現しました。ビジョンウィンドウの「湾曲画面の形状」は、とりもなおさずあなたの「両眼視野の形状」をあらわしたものであり、ビジョンウィンドウから生まれる空間的遠近感(臨場感)は、この両眼視野の形状によるものです。あなたの視野領域は、決して矩形(□)ではないのです。

 また湾曲画面上に表示された「ウィンドウフレーム」と「画面映像」を相対的に移動させる「3Dフレームビジョン」は新たな3D映像表示技術であり、表示映像にさらなる視覚的遠近感を発生させます。

Vision Window」 の映像解説
湾曲画面効果の映像解説


マルチ再生映像表示技術を使った画面用どこでもウィンドウ
特許第 5457668 号

 「1台のビデオカメラ」の撮影方向を連続的に移動(回転)させて撮影した「1個のビデオ映像データ」を、連続的に配された「マルチフレーム(複数画面)」で、各々時間差をつけて「重層的に再生」することで、広角ビデオ映像を表示する「マルチ再生映像表示技術」を使って制作された「画面用どこでもウィンドウ」は撮影ビデオカメラの視野角を自由に拡大するとともに、新たな映像表現方法としてさまざまな用途に向けて展開が期待されています。


Application Gallery

Super Wide Movie
超広角ビデオ映像の表示
Hybrid Wide Movie
展開パノラマ写真とビデオ映像の合成表示
マルチフレームウィンドウ
ビデオカメラ視野角の拡大
マルチ再生パノラマビジョン
ビデオカメラ視野角を3倍に広げた広角ビデオ映像表示


どこでもウィンドウ映像紀行

 「どこでもウィンドウ映像紀行」は、両眼視野を再生する「画面用どこでもウィンドウ」を使って、「ここ」から「そこ」への意識の瞬間移動を画した映像紀行です。 “ 窓の向こうに世界が見える ” というコピーは、その企画のコンセプトを表現したものであり、この映像技術開発が目指す「最高到達点」です。


どこでもウィンドウ映像紀行 / No1
窓の向こうに世界が見える
どこでもウィンドウ映像紀行 / No2
風景の物語
どこでもウィンドウ映像紀行 / No3
信州映像紀行
どこでもウィンドウ映像紀行 / No4
信州つれづれ紀行

ビジョンウィンドウ・ネットスタジオ
画面用どこでもウィンドウの企画・制作・配信
 両眼視野を再生する「ビジョンウィンドウ」は情報化時代に向けて開発した新たな「映像表示ツール」です。「ビジョンウィンドウ・ネットスタジオ」では、さまざまな用途に向けたビジョンウィンドウの企画・制作・配信を行っています。
技術の運用」に関するお問い合せは
下記フォームメールにてご送信ください

mail to Squarenet

ビジョンウィンドウ / Vision Window
どこでもウィンドウ / どこでも Window は
知的所有権研究所 「Office Square」 の登録商標です
HOME会社概要 窓映像を使った室内空間の創造と演出360度動画映像表示技術どこでもウィンドウのトップ
copyright © Squarenet