Linear ベストエッセイセレクション
奴奈川姫伝説〜隠された古代王国の謎
Turn

 「糸魚川ジオパーク」 はユネスコが支援する世界ジオパークネットワークの審査を経て2009年8月に国内初の認定を受けた 「世界ジオパーク」 である。 新潟県糸魚川市は長野県白馬村を源流とする姫川が日本海に合流する海浜に位置する。 そこはフォッサマグナの西端線を構成する 「糸魚川静岡構造線」 の北端である。
 ジオパークのジオ(Geo)とは地球や大地を意味する。 ジオサイトとはそれを体験できる場所のことで、糸魚川市内には24のジオサイトがあり、これらのジオサイトをめぐることで日本列島の形成や糸魚川の歴史文化を学ぶことができる。 その日に訪れたのは北陸新幹線が開通してまもないJR糸魚川駅にほど近いジオサイトのひとつ 「糸魚川海岸」 であった。
 糸魚川海岸は 「ヒスイ海岸」 の愛称で親しまれている。 姫川によって山から運ばれた砂礫は川の流れや海の波によって角が研磨され、どれも丸くなった形状でこの海岸に打ちあげられる。 その中にはヒスイが混ざっていることもあるという。 ヒスイ海岸に隣接する海望公園には糸魚川のシンボルである 「奴奈川姫」 の母子像が父である大国主尊を慕うように日本海を望んで立っている。
 古事記に登場する奴奈川姫はヒスイをめぐって出雲の大国主尊と結ばれ 「建御名方命」 をさずかったという。 建御名方命は私論 「安曇古代史仮説〜安曇野の点と線」 でとりあげた隠岐島で最期をとげた大国主尊の御子である。 反骨の士であった御子は侵略者である馬の民族に何としても屈服せず諏訪大社に流罪になったとされている悲運の御子である。 まさかこの御子が糸魚川の奴奈川姫との間に生まれた御子であったとはこの日に初めて知ったことである。 奴奈川姫のその御子が姫川をさかのぼって諏訪大社の祭神になったのはいかなる経緯であったのか ・・ 大国主尊と奴奈川姫のロマンスをひもとくと古事記に次のような記述がある。
 大国主尊が越の国に奴奈川姫という賢く美しい姫がいるという噂を耳にして求婚するために越の国に訪ねてゆく。 だが奴奈川姫はすぐには求婚に応じず、大国主尊に歌を贈ったりしたあと、ようようにして大国主尊の求婚を受け入れたという。 建御名方命の反骨の気質はあるいは多く母親である奴奈川姫の血を継いだものであったのかもしれない。
 また奴奈川とは糸魚川のことであり、姫川の川名はこの奴奈川姫に由来するという。 以前より白馬村から糸魚川市に向かって流れくだるこの川を何ゆえに姫川と呼ぶかには漠然たる疑問を抱いていたが、ようやくにしてその謎が氷解した思いである。
 さらに 「日之本文書」 によれば、高志王国(越国)の女王、奴奈川姫が大国主尊の出雲王国に嫁ぐことで、双子の妹の黒姫が高志王となり、白山姫が加賀の三輪氏に嫁いで白山王国の王女となった。 これが日御子(卑弥呼)の流れにつながっていくという。 姫川上流に位置する長野県小谷村から東に山を越えれば黒姫山が聳える黒姫高原に至る。 この黒姫の地名もまた奴奈川姫伝説に由来するものであったと考えるのが妥当であろう。
 どうやら信濃と越後の国境にはいまだ隠された古代王国の謎が秘められているようである。 それはまた安曇古代史仮説で描かれた出雲と安曇に引かれた点と線の記憶に重ねられ、想像の翼は時空を超えて古代ロマンの世界へと旅立っていくようである。

2016.06.06

 奴奈川姫を求めて再び日本海を望む糸魚川を訪れた。
 前回訪れたのは2016年6月のことであったが、その時は奴奈川姫のことよりも伊那市長谷村の「中央構造線公園 溝口露頭」を訪れたことに促されてフォッサマグナの北端である糸魚川ジオパークをこの目で確かめることが目的であった。
 奴奈川姫にはヒスイ海岸で偶然に出逢った。 私論 「安曇古代史仮説〜安曇野の点と線」 に登場した諏訪大社の祭神、大国主尊の息子、建御名方命の母が奴奈川姫であったことは前述した。
 今回は前回には割愛した奴奈川姫と建御名方命の母子像が立つ 「海望公園」 と奴奈川姫が祀られている 「奴奈川神社」 を訪れた。
海望公園〜奴奈川神社 / 新潟県糸魚川市
動画ウィンドウの再生
 以下の記載は奴奈川神社に遺る奴奈川姫伝記からの抜粋である。
 奴奈川姫命は御色黒くあまり美しき方にはおはさざりき。 さればにや一旦大国主命に伴はれたまひて能登の国へ渡らせたまひしかど、御仲むしましからずしてつひに再び逃げかへらせたまひ、はじめ黒姫山の麓にかくれ住まはせたまひしが、能登にます大国主命よりの御使御後を追ひて来たりしに遇(あ)はせたまひ、そこより更に姫川の岸へ出(い)でたまひ川に沿うて南し、信濃北条の下なる現称姫川原にとどまり給ふ。 しかれとも使のもの更にそこにも至りたれば、姫は更にのがれて根知谷に出でたまひ、山つたひに現今の平牛山稚子ヶ池のほとりに落ちのびたまふ。 使の者更に御跡に随(したが)ひたりしかども、ついに此稚子ヶ池のほとりの広き茅(かや)原の中に御姿を見失ふ。 仍(より)てその茅原に火をつけ、姫の焼け出されたまふを俟(ま)ちてとらへまつらんとせり。 しかれども姫はつひに再び御姿を現はしたまはずしてうせたまひぬ。 仍て追従の者ども泣く泣くそのあたりに姫の御霊を祭りたてまつりしとなり。
 姫川の上流なる松川に姫ヶ淵と名づくるところあり、之れ奴奈川姫命の身を投げてかくさせたまへるところなりと。
 姫川の上流姫ヶ淵の付近にコウカイ原と云ふところあり、ここにて奴奈川姫命その御子建御名方神と別れたまひしところなりと。
 以下の記載は北安曇郡郷土誌稿に遺る奴奈川姫伝記からの抜粋である。
 北小谷村戸土(とど)区戸土神社の横手に山王池がある。 諏訪明神御出生の砌(みぎり)、此の池の水を用ひて産湯になされたと云ひ伝へてゐる。 尚この池の水は越後の根知村山寺の山王神社の御手洗水に通じてゐるとも云はれてゐる。
 北城(ほくじょう)村字大出(おおいで)の地籍に属する姫川の中程に、姫淵(ひめがふち)といふ深い淵がある。大昔沼川姫の御入水の淵だと言はれてゐる。 姫淵も姫川もこのことから名づけられたのだ。 尚姫は入水に当つて一子を残された。 その御方が諏訪大明神だ。
 かかる伝記の記述を知ってか知らずか海望公園に立つ母子像の作者は奴奈川姫を体躯強壮にしてたくましい女性として描いている。 伝記された運命を背負って生きた奴奈川姫の風景が彷彿として浮かんでくるようである。 大国主尊と奴奈川姫の麗しきロマンスはどうやら後世において脚色された物語のようである。 実のところは姫川源流に産するヒスイにまつわる利権争奪の顛末を語っているのではなかったか? 奴奈川姫伝説とは、その争いに翻弄された哀しき女人の悲話であったのかもしれない。
 奴奈川神社をあとにして糸魚川市街地からは南に少し登った高台にある美山公園に向かう。 広大な敷地にはフォッサマグナミュージアム、長者ケ原考古館、長者ケ原遺跡公園、野球場、陸上競技場などが点在している。 前回訪れた2016年5月にはヒスイ海岸からの帰路、フォッサマグナミュージアムを訪れ、急ぎ足で館内を見学したが、残されていた時間は少なくそこで終日となってしまった。
 今日はその先にある 「長者ケ原遺跡」 をめざした。フォッサマグナミュージアムの駐車場に車を置いてアップダウンのきつい林間の道を行く。 連日の猛暑は林間といえども発汗いちじるしく風呂上がりのようなゆであがった相貌となってしまった。
 長者ケ原遺跡は東京ドーム約3個分の広さを有し、国史跡に指定されている。 遺跡の中央に位置する縄文時代中期(5000〜3500年前)の大きな集落跡は石斧やヒスイの玉の生産、交易の拠点として知られている。 これまでに発掘調査された面積は遺跡全体の約3%、集落跡の10%に過ぎない。 遺跡公園には竪穴住居などの建物が復元され、様々な体験学習も行うことができる。 また考古館では縄文土器や石器、ヒスイの玉などが展示されている。
 フォッサマグナミュージアムの展示物や長者ケ原遺跡からの出土品等々を俯瞰するとき、糸魚川市がユネスコから、2009年8月、日本で初めて 「世界ジオパーク」 の認定を受けたことは当然の成り行きであったことが理解される。 姫川流域から産するヒスイの原石はおそらくはフォッサマグナの地殻変動に因をなす産物であろうし、縄文から弥生に至ってヒスイの流通は国内外に及んでこの地の名声を高め、ついには出雲の大国主尊をも引き寄せ、奴奈川姫との恋のロマンスを生むことに至る。 これらはすべてなるべくしてなった 縁の連鎖 であって、時空のめぐり逢い以外の何ものでもない。 それを心に刻み終えると海望公園〜奴奈川神社〜糸魚川市街〜美山公園と巡った今日の日に別れを告げた。

2017.07.25


HOME会社概要スクエアネットプラザ限定購読・知的冒険エッセイ限定購読・信州つれづれ紀行お問い合わせ
copyright © Squarenet