Linear 未知なる時空を訪ねる旅の途中でめぐり逢った不可思議な風景と出来事
知のワンダーランドをゆく〜知的冒険エッセイから
Turn
Forward 今日のワンダーランド Backward
信玄と謙信(5)〜その後の信玄
 永禄4年(1561年)の川中島での謙信との激闘の後、10年して、信玄は遂に天下の覇権を賭けて、上洛を決意した。
 元亀3年(1572年)10月3日、2万の大軍を率いて甲府を出発 ・・ 10月10日、遠江に進行 ・・ 10月下旬、二俣城を攻撃開始 ・・ 11月下旬、同城攻略 ・・ 12月22日、三方ヶ原の合戦で徳川・織田連合軍を撃破 ・・ 元亀4年(1573年)1月、三河に進攻し、野田城を攻略 ・・・ まさに破竹の勢いで織田、徳川軍を粉砕して行ったのであるが ・・・。
 野田城攻で受けた負傷(ある説に鉄砲の弾があたった、またある説に目に矢が刺さった ・・ 等々、いまだ不明)がもとで、「風林火山」を旗印にした自然人にして、最強の戦国武将、武田信玄は天正元年(1573年)4月、高熱の末、あっけなくも突如としてこの世を去った。 享年53歳。
 最期の言葉は「明日は瀬田(滋賀県大津市)に旗を立てよ ・・」であった。
 信玄を失った武田軍は、遺言「我死して後、喪を三年間秘めよ」に従い、影武者を立て、軍を甲斐に引き返す。その退却は、上洛を目前にしての「謎の反転」として世人の耳目を集めた。
 その後、かかる好機に乗じて、信長、家康が天下をその掌中におさめたことは後世周知のごとくである。
HOME会社概要今日のワンダーランド・トップ限定購読・知的冒険エッセイ限定購読・信州つれづれ紀行
copyright © Squarenet