Linear 未知なる時空を訪ねる旅の途中でめぐり逢った不可思議な風景と出来事
知のワンダーランドをゆく〜知的冒険エッセイから
Turn
Forward 今日のワンダーランド Backward
狭間に遊ぶ
 ニヒリズム超克の道は刹那宇宙の「Pairpoleの狭間」にある。
 この世は絶対的対称性の内蔵秩序に支配されている。それは「あれ」か「これ」かであり、「在る」か「無い」かであり、「良い」か「悪い」かであり、「○」か「×」かであり ・・ 等々である。 これらの視点は「固定観念」という言葉に還元される。
 他方、この世に変化しないものはなく、森羅万象ものみなすべては「生々流転」し、「自生自化」して行く。この世のすべては相対的な存在である。 これらの視点は「浮遊観念」という言葉に還元される。
 「Pairpoleの狭間」に漂う観念とはこの浮遊する観念である。それは禅で言う「風鈴は虚空に架かる」という観念である。ニヒリズム超克の道はこの浮遊観念にある。浮遊観念とは絶対的な固定観念の拘束から脱却した、すべてを許容する、こだわりなき相対的な観念である。 ニヒリズムを脱却した者とは、つまり「虚空に架かり」、「狭間に遊ぶ」者である。
 生々流転し、自生自化する相対的浮遊観念で語られる宇宙は日本の古き世で「浮き世」と表現された。浮き世とはまた仏教で語られる「曼陀羅世界」である。
 刹那宇宙の「Pairpoleの狭間」の世界では、さまざまな万物事象が光彩を放ち、自生自化し、生々流転している。それは「カオスの宇宙」であり、さらに言えば「可能性の海」である。そのカオスの海から、意識選択(観測)によって「浮き世」が象出する。
 また意識の生死で言えば、「意識の生とは浮遊観念」のことであり、「意識の死とは固定観念」のことである。 この世の森羅万象ものみなすべて、「虚空に架かり、浮き世の狭間に遊ぶもの」である。
HOME会社概要今日のワンダーランド・トップ限定購読・知的冒険エッセイ限定購読・信州つれづれ紀行
copyright © Squarenet