Linear 窓の向こうに世界が見える〜信州つれづれ紀行から
今日のビジョンウィンドウに寄せて
Linear

風景の物語〜風に吹かれて
文・撮影 / 柳沢 健
 「今日のビジョンウィンドウ」には日付がなく、それは「かってあった今日」であり、「いつかある今日」であるとし、窓(ウィンドウ)の向こうに見える風景(ビジョン)は、過去でもあり、未来でもあるとした所以は、以下のような思索から生まれたものです。
 自然が偉大で素晴らしいのは「変わらないこと」です。かって訪れた高原を湖を森を川を再び訪れても何も変わらずにそこにあります。「変わる」のは訪れる私のほうで、その時々の状況や心もちでそれらの自然風景がさまざまに変わって見えるのです。もしその折に撮影した写真に日付を記載しなければ撮影した私をのぞいてその「切り取られた自然風景」の時系列を誰も判定することはできないでしょう。
 私たちが使っている時系列は「過去・現在・未来」と連続する線形時間で構成され、時間は過去から現在へ現在から未来へと流れています。また過去は記憶で創られた意識世界であり、未来は想像で創られた意識世界ですが、現在は運動をともなった物質世界であって、過去や未来とは本質的に異なっています。それは意識の源泉である記憶力や想像力を失えば意識世界である過去や未来はたちどころに消失してしまうのに対し、記憶力や想像力を失ったとしても物質世界である現在は厳然とした実在として存在していることを考えれば素直に了解されることでしょう。ではかくこのように異質な意識世界と物質世界を貫いて「同質的な時間」が連続して流れていることを、どのような妥当性をもって考えたらいいのでしょうか?
 私は過去や未来は「現在に含まれている」のではないかと考えています。
 私がとある場所(現在場)を訪れたとき、その現在場(自然界)の中に含まれていた私の過去や未来の意識場が象出することで、内なる意識世界に時間の流れが生まれ、「とある物語」が構成されるのです。他方、私をとりまく運動をともなった物質的な自然界(現在場)には時間は存在せず、「物語の背景」としてただ存在しているにすぎません。
 かくして現在場(自然界)に紡がれた物語とは、言うなれば「私自身の物語」なのですが、あえて私は「風景の物語」としたのです。 「今日のビジョンウィンドウ」はまた、訪れた津々浦々の現在場(自然界)で遭遇したかくなる「風景の物語」なのです。
どこでもウィンドウへようこそ
Daily Essay今日のビジョンウィンドウDaily update

スクエアネット発刊書籍の 「 ショッピング
書籍ガイダンスは表紙をクリック

HOME会社概要今日のワンダーランド限定購読・信州つれづれ紀行限定購読・知的冒険エッセイ
copyright © Squarenet