Linear
ビジョンウィンドウから眺める信濃の四季

窓の向こうに世界が見える〜信州つれづれ紀行から
Linear
Forward 今日のビジョンウィンドウ Backward
春日城址公園 / 長野県伊那市
落葉
 伊那文化会館で催されている「池上秀畝の屏風絵展」を見たあと隣接する春日城址公園をぶらりと散歩した。斜光が射す昼下がりの林間に人影はなく散りつもった落葉が晩秋の気を漂わせていた。
 池上秀畝(1874〜1944)が伊那高遠の生まれで、その生年が少し南に位置する飯田市に生まれた菱田春草(1874〜1911)と同年であったことはこの展覧会ではじめて知ったことである。北に位置する松本市には菱田春草、横山大観、下村観山とともに初期日本美術院の四天王とよばれた西郷孤月(1873〜1912)がいる。ともに同時代に生きて近代日本画の草創期を支えた逸材がそろって信州出身であったことは驚きであるとともに不思議な縁を感じる。そんなことを考えるでもなく考えながら歩いているうち、春草の名作「落葉」が浮かんできた。失明の危機にさらされながら描いた生涯を代表する傑作である。描いてから2年あまり、満37歳の誕生日を目前にして春草はこの世を去っている。
 撮影されたカットはそのようなことを思いながら試みた「マルチ再生映像表示技術」を使った六曲三双の屏風絵、「落葉」である。
文・撮影 / 柳沢 健
HOME会社概要今日のビジョンウィンドウ・トップ限定購読・知的冒険エッセイ限定購読・信州つれづれ紀行
copyright © Squarenet