Linear
ビジョンウィンドウから眺める信濃の四季

窓の向こうに世界が見える〜信州つれづれ紀行から
Linear
Forward 今日のビジョンウィンドウ Backward
箕輪ダム もみじ祭り / 長野県上伊那郡箕輪町
邑の風景
 箕輪ダムを後にして、ダム湖の湖畔につけられた車道を奥山に向かう。ダム湖が尽きてからは、湖にそそぐ渓流に沿ってさらに遡る。やがて、狭くはあったが駐車するに足る広場に着いた。そこかしこに「もみじ祭り」と染め上げられたのぼり旗がはためいている。どうやら今日は箕輪町が催したもみじを愛でるお祭りのようである。車を楓の木の下に駐め、渓流に架けられた小さな橋を渡ると、ささやかではあったが、いく張りかのテントが張られ、地元の農産物が直売され、伊那谷名物の「五平餅」の屋台が店を開いていた。横の高台に登って振り返ると、中天の太陽に照らされて深紅に発色するもみじの灌木が渓流に沿って山裾を染め、来るべき1年のうちの「この1日」を高らかに謳歌していた。そのとき、かかる自然を育み、こよなく愛でる箕輪町のもろびとが集うこの里に、麗しき香りに包まれた桃源郷の「邑の風景」を、私は確かに眼下にかいま見たのである。
文・撮影 / 柳沢 健
HOME会社概要今日のビジョンウィンドウ・トップ限定購読・知的冒険エッセイ限定購読・信州つれづれ紀行
copyright © Squarenet