Linear 360度窓映像表示技術を使った建物室内空間の創造と演出

サークル配置ウィンドウ | リニア配置ウィンドウ | 超広角連結ウィンドウ
Turn
sample1sample2sample3sample4sample5sample6sample7sample8
ビジョンウィンドウ® による室内空間の創造と演出

リニア配置ウィンドウ

PAT.5457668

 ロビーや回廊などで使用することを想定して撮影した360度パノラマ映像データを使って建物壁面に窓として連続的にインストールした「ビジョンウィンドウ」に配置位置に対応した窓映像を同期表示し、使用者の意思で窓映像データを選択的に切り換えることで、ロビーや回廊などの空間を自由に創造し演出することができます。使用される窓映像データは1台のビデオカメラの撮影方向を連続的に移動(回転)させて撮影した動画映像データを複数の画面で重層的に再生する360度動画映像表示技術PAT.を使って制作されるため、建物の壁面状況に拘束されることなく、「ビジョンウィンドウ」の「個数」、「位置」、「間隔」を自由に設定することができるとともに、その配置位置に対応した窓映像を同期表示することができます。窓映像サンプルの移動速度は解説の便宜上、高速移動させていますが、実用においては状況に応じた速度が使用されます。またインストールされるビジョンウィンドウは裸眼で2D画面映像に空間的奥行き感を発生させる「3Dビジョンウィンドウ」を開発することで窓映像の空間的遠近感を向上させました。

技術の運用」に関するお問い合せは
下記フォームメールにてご送信ください

mail to Squarenet

ビジョンウィンドウ / Vision Window
どこでもウィンドウ / どこでも Window は
知的所有権研究所 「Office Square」 の登録商標です
HOME会社概要窓映像を使った室内空間の創造と演出空間用どこでもウィンドウ360度動画映像表示技術
copyright © Squarenet