Linear 広角映像表示技術の応用展開

建物室内の広角撮影と映像表示
Turn
広角写真ウィンドウ/伊那文化会館


広角レンズを使わない広角撮影方法

 連続する3方向(5方向)を撮影したビデオ映像(フォト映像)を独自の湾曲画面を使って一体的に表示する広視野角映像表示技術「ビジョンウィンドウ」は広角レンズを使った撮影よりも「さらに広角の撮影」を可能にしました。3画面分(5画面分)の映像データを1画面で1体的に表示することで「高画質」を達成するとともに、広角撮影映像には不可避であった「画像歪み」を抑えた「臨場感」あふれる理想的な「空間的遠近感」を再現します。特に従来では困難がともなった狭い建物室内での広角撮影に優れています。デジタルフォトカメラ映像では「スナップ撮影が可能」ですから、「時」と「場所」を選ばない「ショット映像」を広角映像に変換することができます。「店舗・施設の映像紹介」、「不動産物件の映像表示」等には最適な映像表示方法であるとともに、建物図面として使用される各種の「パース図」の映像化技術としても有効です。




Application Gallery

広角動画


【 3台のビデオカメラで3方向を同時撮影 】



ジャングル風呂


マンションリビング


オフィス



広角写真


【 3方向撮影 ・カメラ横支持 】



まつもと市民芸術館


朝日美術館


室内ゲートボール場


松本市総合体育館


美ヶ原高原美術館


世界の民俗人形博物館


ショッピングセンタ


ホテルエントランス

【 5方向撮影 ・カメラ縦支持 】



小海町高原美術館 (設計/安藤忠雄)


伊那文化会館
 

松本文化会館


ビジョンウィンドウ・ネットスタジオ
 両眼視野を再生する「ビジョンウィンドウ」は情報化時代に向けて開発した新たな「映像表示ツール」です。「ビジョンウィンドウ・ネットスタジオ」では、さまざまな用途に向けたビジョンウィンドウの企画・制作・配信を行っています。

技術の運用」に関するお問い合せは
下記フォームメールにてご送信ください

mail to Squarenet

ビジョンウィンドウ / Vision Window
どこでもウィンドウ / どこでも Window は
知的所有権研究所 「Office Square」 の登録商標です


HOME会社概要広視野角映像表示技術 室内空間の創造と演出どこでもウィンドウ お問い合わせ
copyright © Squarenet