Linear マルチ再生映像表示技術 / 360度動画映像表示技術
新たな映像世界を開拓するベーシックな映像表示技術
Turn
タイムシフトウィンドウを使った超広角ビデオ映像表示

タイムシフトウィンドウの物理学的意味とは
特許第 5457668 号
 この世は時空間と呼ばれる時間と空間で構成された世界です。今眺めている風景が「同一空間で同一時間の風景」であることを疑う人はいないでしょう。では「タイムシフトウィンドウ」と名付けられた冒頭の映像表示ウィンドウをご覧ください。
 この映像表示ウィンドウでは、ある場所における「同一空間で同一時間の風景」が表示されているように見えて、実は「画面の各所」ではそれぞれ時間が異なっています。言うなれば「タイムシフト」されています。それはあたかもアインシュタインの相対性理論から導かれた「宇宙の各所」で時間が異なっているとした「相対時間」を現実に眺めているかのような不可思議な感覚をもたらします。
 今の今という刹那の時空間を我々は「リアルタイム(実時間)」で認識することはできません。それは目前で起きた突発的現象(例えば爆発や事故等)に対して、その瞬間では何が起きたのかがわからないという体験的事実を想起すれば了解されるでしょう。
 何が起きたかを知るのは若干後になります。頭の中で起きた現象を「プレイバック(再生)」して確認してみなければ何が起きたのかを把握することができないのです。つまり、我々の意識はひとときも休むことなく、少し前の時空間にタイムシフトしているのです。
 言うなれば、プレイバックとタイムシフトは等価的概念であり、その意味を還元すれば「再生」ということになります。この映像表示技術を「マルチ再生映像表示技術」と名付けた所以は「画面の各所がプレイバック再生された映像」で構成されているからに他なりません。
 ドイツの理論物理学者、ハイゼンベルク(1901〜1976)は不確定性原理の中で「ある粒子の運動量と位置を同時に正確に知ることは」原理的に不可能であるとしました。同様に「ある時空間の時間と空間を同時に正確に知ることは」原理的に不可能なのです。
 タイムシフトウィンドウからの眺めはそのことを如実に教えてくれているのです。

技術の運用」に関するお問い合せは
下記フォームメールにてご送信ください

mail to Squarenet

ビジョンウィンドウ / Vision Window
どこでもウィンドウ / どこでも Window は
知的所有権研究所 「Office Square」 の登録商標です

HOME会社概要マルチ再生映像表示技術 室内空間の創造と演出3Dビジョンウィンドウ どこでもウィンドウ
copyright © Squarenet