Linear 未知なる時空を訪ねる旅の途中でめぐり逢った不可思議な風景と出来事
知的冒険エッセイ / 時空の旅
Turn

時間も空間もない宇宙構造
 光速度は秒速30万Km、ざっと1秒で地球7回り半する速度である。物質宇宙ではこれを越える速度が「存在しないこと」がアインシュタインの相対性理論の根拠であり、この光速度を超える存在が実証されたとたん、現代人が確固たる存在であるとする物質宇宙は崩壊してしまう。
 だが意識の速度は光速度どころか無限大である。いくら離れていても意識は瞬時に到達するように観える。速度が無限大ということは速度の概念を構築する「時間」が存在しないということを意味する。速度は移動距離を要した時間で割ったものであるからして、速度が無限大ということは移動時間が0であることを意味する。 ゆえに時間は存在しない。
 これは「歴史小説考」で述べたように「線形時間を廃棄(注1)」することで導かれた重層的に重ねられた歴史空間の構造である。
 これらを統合すれば以下の究極の帰結が導かれる。
 宇宙には過去も未来もなく(つまり、時間がなく) ただそれらが重なった「現在だけ」がある。
 宇宙には遠いも近いもなく(つまり、空間がなく) ただそれらが重なった「仕組みだけ(注2)」がある。
 この「時間も空間もない宇宙構造」は、理論物理学者デビット・ボームが論じた「暗在系と明在系で構成された宇宙構造」と相似する。
 曰く、「物質宇宙とは、同時系列で重層している時空間が瞬間、瞬間に我々が認識できる形で現実世界に象出することで実在場が構築され、この瞬間が連続することで、我々に時間という概念を発生させ、時系列で連続している時空間を認識の中に構成させることで存在している世界かもしれない。」
(注1)線形時間の廃棄とは
 時間が「過去→現在→未来」と連続する(流れる)という時間概念は線形時間と呼ばれる。私がこの線形時間を排する最大の理由は均質な時間が不連続で異質な、「記憶としての過去(意識世界)」→「実在としての現在(物質世界)」→「想像としての未来(意識世界)」を、貫いて連続する(流れる)とは相当な妥当性をもって納得することができないことによる。
(注2)仕組みだけがあるとは
 重層的に重なった宇宙が「空間を失ってしまう根拠」はフランスの数学者ブノワ・マンデルブロが導入した「フラクタル」と呼ばれる幾何学概念による。この概念では「宇宙存在の構造」はサイズを拡大していっても縮小していっても同じ構造が現れる。それはまさに「入れ子人形」のような構造である。私はその構造法則を「細部は全体 全体は細部」と表現している。重層的に重なった宇宙構造として相当の妥当性をもって納得できる宇宙の内臓秩序(仕組み)である。

2017.12.12


HOME会社概要アイデアシステム知的冒険エッセイ Topどこでもウィンドウお問い合わせ
copyright © Squarenet