Linear 未知なる時空を訪ねる旅の途中でめぐり逢った不可思議な風景と出来事
知的冒険エッセイ / 時空の旅
Turn

時は流れず(2)〜相対性理論が意味するもの
 以下の方程式は周知のアインシュタインが構築した物質がもつエネルギ式であり、別名「悪魔の方程式」と呼ばれる。それはこの数式が原子爆弾製造の基本原理となったがゆえであるが、平和利用を掲げてスタートした原子力発電が、3.11東北大震災に起因した福島原子力発電所の事故により未曾有の放射能汚染をもたらし、周辺住民に塗炭の苦しみを強いている日本の現状をみると、その悪名はさらに増したようにさえ思える。

                                   E:エネルギ
                   E=mc2              m:質量 (重さ)
                                     c:光速度 (30万km/s)

 この式の意味するところは宇宙に存在する物質は、その質量(重さ)に光速度の 2乗を掛けたエネルギをもつとするものである。原子力ではこのエネルギのことを一般に「核エネルギ」と呼んでいる。


 以下の方程式はニュートンが構築した運動物体がもつエネルギ式であり、一般に「運動方程式」と呼ばれる。

                                   E:エネルギ
                   E=1/2mv2           m:質量 (重さ)
                                     v:運動物体の速度

 この式の意味するところは宇宙で運動する物体(物質)は、その質量(重さ)に運動速度の 2乗を掛けたエネルギをもつとするものである。 (1/2は係数)


 2つの数式が意味するものとは何であろう・・?

 まず方程式が述べる論理を比較すると以下のようになる。

  アインシュタイン方程式での主題は「宇宙に存在する物質」であり、ニュートン方程式での主題は「宇宙で運動する物質」である。違いは「存在する」と「運動する」である。
 アインシュタイン方程式でのエネルギ算出は「光速度の 2乗を掛ける」であり、ニュートン方程式でのエネルギ算出は「運動速度の 2乗を掛ける」である。

 次に、以上の論理に「等価原理を適用」するとアインシュタイン方程式は以下のように変換される。

    「宇宙に存在する物質は光速度で運動しており、その運動エネルギは mc2 である」

 この変換結果が示すものは、この宇宙に存在する物質は「光速度で運動している」という驚くべき宇宙風景である。仮に宇宙を大きな「宇宙船」と考えれば、我々はその宇宙船に乗って、いずれの方向かは不明であるが「光速度で飛行している」のである。

 さらに重大なことは、アインシュタインの相対性理論が正しければ、物体の速度が光速に近づくにつれて時間はゆっくり進み、光速に達すると「時間は停止」することになる。つまり、我々の乗った宇宙船は光速度で飛行しているわけであるから、「宇宙船内の時間は停止している」ことになる。


 以上の思考結果は、知的冒険エッセイ 第 666回 「ニュートリノは光速を超えたのか?」 で登場した哲学者、大森荘蔵の「時は流れず」を裏打ちするし、私が提示した、時間は人間の内なる意識世界には存在する(保証される)が、「外なる宇宙自然界には存在しない(保証されない)」こと、さらに時間の流れとは、人間の意識波の波動速度であって、それは光速度であるとした「Pairpole 宇宙モデル」の帰結に大きな力を与えてくれる。

 以下、蛇足ながら付け加えると、光速度飛行している宇宙船に乗っている我々にスピード感がないのは、宇宙船の移動が「等速度運動」のためである。ニュートンの運動方程式では、物体は外部から力を加えない限り、静止を続けるか、等速度運動を続けることを規定している。力を加えると物体に加速度が生じ、物体は加速するか、減速する。我々が感じるスピード感とはこの加速度であって、加速度がない「等速度運動」とは、本質的には「静止状態」と変わりがない。ただ異なるのは等速度運動を続ける物体(ここでは宇宙船)は運動エネルギをもっていることである。その運動エネルギは「慣性エネルギ」と呼ばれる。物質がもつエネルギ「E=mc2」はまたこの慣性エネルギでもある。その莫大な大きさを、我々は一般に物質がもつ「核エネルギ」として、原子爆弾の爆発力をもって実感しているが、物質がもつ「慣性エネルギ」として、例えば重さ 1kgの石を、光速度 30万km / s (1秒間で地球 7回半する速度)で壁に衝突させた破壊力をもって実感することができる。
 さらに我々の乗る宇宙船(宇宙)が等速度運動を続けることは宇宙船(宇宙)には外部から力が作用していないことを物語っている。同様に物理学で最も基本的な法則とされる「エネルギ保存則」が宇宙船(宇宙)の内部で成立することは宇宙船(宇宙)には外部からエネルギが作用していないことを物語っている。

 いうなれば我々が搭乗している宇宙船(宇宙)は孤立無援で飛行しているのである。
時は流れず(1)〜反骨の哲学者 / 第438回
時は流れず(3)〜運動を時間で分解することはできない / 第953回
時は流れず(4)〜流れているものとは / 第967回
時は流れず(5)〜過去と未来の発生現場 / 第1028回

2011.10.03

HOME会社概要アイデアシステム広視野角映像表示技術室内空間の創造と演出どこでもウィンドウ
copyright © Squarenet