Linear 未知なる時空を訪ねる旅の途中でめぐり逢った不可思議な風景と出来事
知的冒険エッセイ / 時空の旅
Turn

宇宙の天秤
 この世には事の是非を測るに「ふたつの天秤」がある。 ひとつは「人倫の天秤」であり、人間社会での善悪や正邪が測られる。 他のひとつは「宇宙の天秤」であり、人間社会を包含する宇宙の真実や真理が測られる。
 人倫の天秤は人間の倫理観から作られた天秤であるため、時間軸に添った「時代」により、また空間軸に添った「場所」により、その測定結果は異なる。 しかし、宇宙の天秤は、宇宙の真理から作られた天秤であるため、時間軸にも空間軸にも影響されることなく、いかなる時代でも、またいかなる場所でも、その測定結果は同じである。
 人倫の天秤は人間の意思が測定結果に影響を与えるが、宇宙の天秤は人間の意思に何等影響を受けない。 このため人倫の天秤の測定結果は、えてして「不公平」である。 人間社会の特異性は、この人倫の天秤による不公平な測定結果にあると言ってもよい。 人間社会に生きる我々の消費エネルギの多くが、この人倫の天秤による不公平な測定結果を「改ざん」し、また時として「ねつ造」するために費やされてしまう。
 これに対し、宇宙の天秤はおそろしいほどに「公平」である。 時代や場所を選ぶことなく、また人間の意思にも左右されず、測定結果は同じである。
 換言すれば、人倫の天秤は「相対的天秤」であり、宇宙の天秤は「絶対的天秤」である。
 我々は、この相対と絶対のふたつの天秤の使用限界と性能を充分に理解し、適宜に使い分けることが必要なのだが、現代社会では相対的な人倫の天秤のみが重要視され、世の大道は、人倫の天秤を抱えた群衆で混雑し、その測定結果を改ざん、ねつ造する人々が大手を振って闊歩している状態である。 しかしながら、この状況では、我々は決して「心の安らぎを得る」ことはないであろう。 なぜなら、人倫の天秤の測定結果は、いついかなる状況で急変するかが予測できない。 一夜にして天国から地獄に突き落とされるかもわからないのである。
 我々が本当の心の安らぎを得ようとしたら、宇宙の天秤を使用することである。 なぜなら、宇宙の天秤の測定結果は、いついかなる状況でも変化することなく「絶対的公平」であり、安定した生活が保証されるからである。 だが宇宙の天秤は絶対的公平であるがゆえに、また是非もない「非情の天秤」でもある。 強いものが勝ち、弱いものが負け、多いものは多く、少ないものは少なく、在るものはあり、無いものはなく、心臓が止まれば人は死ぬことを明らかにする。 その測定結果に影響を与えるものは真実と真理のみであって、それ以外の何ものでもない。
 我々現代人は、そろそろ人倫の天秤に対する傾斜した価値観を転換し、かっての古代人が大切にした宇宙の天秤に回帰しなければならない段階に来ているのではなかろうか ・・? 思わせぶりな脚色も、追従笑いもいらない ・・ 宇宙はただそこに在り、時が刻々と経過しているのみである ・・・。

2003.12.04

HOME会社概要アイデアシステム広視野角映像表示技術室内空間の創造と演出どこでもウィンドウ
copyright © Squarenet